バイアグラの通販価格や評価などを徹底比較!

バイアグラは世界に先駆けて生まれたED治療薬で、20年以上の長い間、世界中で勃起力が低下した男性達に多く愛用され続けて来たお薬です。

日本では、このバイアグラは実は医薬品でありながらネット通販で購入ができます。
しかも安価で便利で、しかも法律上許可されています。

ネット通販ですから、複数の個人輸入をお手伝いできるEC店舗からお届けされます。

三越屋 オオサカ堂 アイドラッグ
1箱
(4錠)
5,694円(最安値) 6,365円 5,880円
3箱
(12錠)
16,658円(最安値 16,897円 16,980円
7箱
(28錠)
32,341円(最安値) 34,333円 34,980円
1錠
最安値
1,155円(最安値) 1,226円 1,249円
送料 無料 無料 1,200円以上購入で無料
配送方法 ・普通・国際便
・スピード郵便
普通・国際便 普通・国際便

バイアグラはオーストラリア(オセアニア)仕様版で有名どころのECサイトを基準に調査してみました。一番安いかったのは「三越屋(みつこしや1,155円/錠でした

安くても送料が有料なのが3流店舗

バイアグラ通販ができるEC店舗は複数あり

バイアグラ通販ができるEC店舗は複数あり、値段もサイトにより違ってきます。
これら商品は海外医薬メーカー等から直接送られるなど、バイアグラの価格は為替レートの影響などから、円安となれば値上がりとなるようです。

といっても為替レートでの販売価格の差異は、それほど大きなモノではないようですが、それでもバイアグラ通販時に注意したい点としては送料が「無料」であることを基準に調べる必要があります。
他のサイトでもバイアグラの通販価格が、この最安値の「三越屋」より安価なEC店舗も見受けられますが、実は「送料が有料」であったりするので注意が必要ですね。

注文後に送料請求には注意

注文後に送料請求には注意

中には詐欺まがいのEC店舗もあります。注文後のメールに記載のある支払い金額に送料が追加されてたりすることもあります。

注文後に追加で数千円の送料が追加請求となったり、しかも、バイアグラの注文後のキャンセルが出来なかったりと、意外に面倒だったりします。
よく見ると画面の下の方に「xxxx円以上で送料無料」などと書かれていたります。

少なくなく面倒なので送料プラスして支払ってしまう人も少なくないようです。

面倒なことにならないように上記のような有名どころの信頼ができるサイトを利用されると良いでしょう。

例えば、1万円や3万円購入すれば送料無料としていたりするのもありますが、個人輸入の制限で1か月分以上の購入はできないので、そもそも、それだけ大量に購入する事は出来ないはずです。

バイアグラもコロナ禍でお急ぎならば高速便

バイアグラもコロナ禍でお急ぎならば高速便

殆どのバイアグラの取り扱いがあるEC店舗では、普通の国際便での配送のみの取り扱いのようです。

その中でも「三越屋」は「スピード郵便(高速便)」の取り扱いもあるようです。デメリットとしては送料分が価格に反映させているので、スピード郵便を選択される場合はバイアグラは高くなってしまいます。

それでも急ぎで購入されたい場合は最短で4日で自宅まで届くのですから、忙しい方にはお勧めかもしれません。

残念ですが、2022年の調査時点ではスピード郵便が選択できるEC店舗は三越屋以外には見つかりませんでした。

郵便局のEMSのような配達方法ですので、大きな問題はなさそうですので、是非、利用をしてみたいですね。

海外スピード郵便は、どのような流れで配達されるのですか?

海外配送という安価な船便などが思い浮かぶかもしれません。ビジネスシーンで国際郵便を利用される方はEMSなどが馴染みが深いでしょう。
重量があると、やはり船便が安価となっているのが世界共通ですが、いつ届くか?、今、どこにあるのか?などの追跡も出来ないデメリットもあり、船便を利用される方は、急ぎでなく、紛失、なくなってもある程度許される荷物が対象となるんではないでしょうか。

この点、海外からお薬を輸入する場合は、1箱当たりの重量は非常に軽量であることからも、飛行機便の送料も安価ですので、国内の同成分のお薬の価格よりも安価に入手ができます。

これはバイアグラなどED治療は保険適用が出来なく高額医療対象となることからも、バイアグラ通販はEMS(スピード便)でもお得に海外から購入ができてしまいます。

海外スピード郵便は、無税で更にバイアグラがお得(関税、消費税)

一般的な海外通販の買い物では商品代金以外に「関税、通関手数料、消費税、国際送料」が必要となります。

しかし、個人輸入でバイアグラを購入する場合は基本、こらら税金が不要となります。
無条件ではないですが、目安としては1万6666円までの免税対象です。

*こちらは商品によって異なります。

個人輸入の場合は「商品代金の60%の金額に対して課税」。だが、国際送料を含む商品代金の合計が1万6666円までなら免税となり、関税や消費税は不要。通関手数料もいらない(革製品、セーターなどは免税対象外)。

お薬は医薬成分を錠剤にしたモノですので、どの国で購入しても、どのメーカーでも基本的に同じ効果なはずです。

日本は将来的には消費税が25%くらいまで上がるのでしょうから賢く、節税や節約ができる方法を確実に利用していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました